気になる顔のたるみを解消したい!

しわ、たるみをなくしていつまでも美しくありたい

HOME  肌のトラブルや、たるみで悩んでいる女性は多い

たるみを治療して自信を持ちたい

顔がたるんでしまうと、一気に老けた印象となってしまいます。

スキンケアやマッサージといったケアでも、改善が難しい顔のたるみは
美容皮膚科で治療してみましょう。矯正するというシミ治療たるみ治療もあります。

肌のプロである皮膚科医がいる美容皮膚科であれば、適切な治療が
受けられ顔のたるみも、気にならなくなるくらいに改善が可能です。

肌のプロ

色々な治療法がありますが、筋肉の癖が原因で起こる
顔のたるみには、ボトックス注射というプチ整形が有効です。

このプチ整形は特殊な薬剤を筋肉に注入する事で、筋肉の動きを弱める働きがあります。
特におでこや目尻に出来やすい、皮膚のたるみ改善に効果的です。

たるみ具合などによって個人差はありますが、施術を受ける事で
たるみが気にならなくなるくらいには、改善が可能となっています。

プチ整形

中には5歳以上、若返って見えるケースもある程です。

メスで皮膚を切開しないプチ整形ですので、効果は
半永久的ではありませんが、1度の施術で約1年程度は
若々しい顔をキープ出来ます。

整形外科と形成外科の違い!治したい部位・症状によって使い分け

整形外科は骨や節などの身体の中心軸となる骨格系と、骨格系を取り囲んでいる
筋肉や神経系から成り立っている運動器を機能的に改善することに重きを置いた外科のことです。

日本整形外科学会によって四肢と骨盤、背骨という土台となる骨が主要な治療対象であることが定められています。

形成外科は怪我や病気、先天性の異常などにより身体の表面の外見が良くない状態になってしまったのを
治療する外科で顔面や頭を含む身体全体が治療対象です。

熱傷を治療したり、手術を受けたり怪我を負って出来た皮膚の傷跡などを目立たなくしたり生まれつきある
母斑やケロイドを治療したりします。日本で形成外科学がまだ、しっかりと確立していなかった頃は、
整形外科で熱傷などの治療を行っていました。

形成外科学が学問として確立されてから診療科として対外的に名乗ることが可能な標榜科として
認定されるまでは、形成外科が進歩した美容外科や形成外科に取り組む医師たちが、
形が整えられる意味合いがある整形というフレーズが含まれている整形外科という
標榜科を名乗っていたケースもあります。

ですので、今でも美容外科や形成外科が整形外科として扱われる場合があるのですが、これは間違いです。